2008年06月29日

linux関係

俺はwindowsオンリーでUNIX系は触ったことないんだけど、、会社で使うのでメモメモ

rm -fr xxxx (これでxxxxフォルダが削除される。lsで確認する)

次に準備しておいたxxxx.zipファイルを取得するため、下記のコマンドを入力

ftp
open xx.xx.xxx.xxx
xxxx
cd xxx
bin (これはバイナリモードという意味。getとあわせてバイナリモードでゲットするの意味)
get ほしいファイル名を入力
とすると、この場合、xxx/xxxxxx配下にgetしたファイルが格納されます。

byeにてftpモードを終了する。


unzip 解凍したいファイル名

rm 削除したいファイル名



ls そのファオルの中身を表示する
cd xxx xxxに階層移動する
cd .. 一階層戻る
get xxx.xxx ftpコマンド?そのフォルダに指定したファイルをコピーする
rm -rfd dirName 指定したディレクトリ及びその中身を削除する
mv ムーブ
cp コピー
mkdir 作成するディレクトリ名
chmod 750 書き込み可能にしたいファイル名 (このコマンドでファイルが書き込み可能になるが、解凍だけならしなくてよい)


コマンド実行中にキャンセルしたいなぁ。。。
→ctrlキー + c



dir = ls?

ftpモード時
文字を削除する場合はctrlキー + バックスペース
cd .. ls cd など同様に使える


ここみれば全部のテル
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060224/230573/?ST=oss



あと、メモリリーク関係で

XPのIE7のwindow.open+Framesetの組み合わせにおけるブラウザ側の障害(Framesetを利用した場合、GCのタイミングが遅れる)可能性が大きいと考えられます

というのがあるらしい。
posted by hatu at 23:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101829865

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。